東京三葉アーバンスタイル

橘田幸俊監修の東京三葉アーバンスタイル。ニュースや時事ネタなどを取り込んでいきます!

社会人に絶対必要な語彙力が身につく本

言葉を言い換えるだけであなたの印象がガラリと変わる!「社会人に絶対必要な語彙力が身につく本」が2023年1月12日に発売されます。

社会人に絶対必要な語彙力が身につく本

文は人なり」ということばがあり、文章を見れば、それを書いた人の性格や考え方がよくわかるのだそうで、これは言葉も同様で、同じ意味を持つ言葉であっても、どのことばを選ぶかによってその人の人柄や思いが表れるのだとか。

つまり言葉ひとつで、相手に与える印象は大きく変わるということで、この本は言葉選びで損しないための言い換えフレーズが240のも掲載されているのだとか。

人の印象は、見た目が8割と言われますが、少し接してみると、その人の言葉使いなどで教養の深さを知ったり、高い教育を受けているかどうかもわかったりしますよね。

コミュニケーションを取るためには不可欠な言葉ですから、この言葉で相手からの信用や信頼が落ちないようにしておきたいですよね。

「同じことばのくり返しで、文章が稚拙に見える」「自分が表現したいことばが思いつかない」を解決することばの辞典となっています。

Meta、Facebookアカウント不要に

MetaのReality Labsが、VRバイス向けの「Metaアカウント」の新設を発表し、これによりQuestシリーズでFacebookアカウントのログインは不要になるのだとか!

Meta
これは嬉しいですね。

これまでMetaは、同社VRプラットフォームの使用にFacebookへのログインを必須とし、データプライバシーを懸念する人々やFacebookを利用したくない人々の不興を買っていて、私もその一人で、そのせいでOculus Quest2の購入を踏みとどまっていました。

今回の決定により、2022年8月からユーザーはMetaアカウントを作成し、VRヘッドセット「Quest」にログインできるようになるのだそうで、このMetaアカウントを作成すると、VRにおけるソーシャルプロフィールである「Meta Horizon」プロフィールを作成するよう求められるのだとか。

なお、Metaアカウントは複数作成可能なのだとか。

プロフィールの公開レベルは、Facebookと同様「全員にオープン」「友達と家族」「自分1人」の3段階あるようで、さらにこれとは別に「プロフィールをプライベート」にする設定もあり、13~17歳のユーザーの場合は初期設定でプロフィールはプライベートになるのだとか。

中国のキンドルストアが来年6月末閉鎖

アマゾンが、来年6月末に中国の電子書籍キンドル」ストアを閉鎖するのだそうです。 ただし購入した書籍はその後1年間ダウンロードすることができるようで、2024年には、中国のアプリストアからキンドルアプリを削除するのだとか。

どうやら現地ライバル企業の壁が厚く、中国市場に大きく食い込めなかったようで、世界で展開する同社のサービスに関する定期的な見直しの一環なのだとか。

中国では検閲やコンテンツ制限など規制面で内外企業に対する圧力が強まっているのですが、今回の撤退について、政府の圧力や検閲が理由ではないようですが、これも検討材料の中には入っていたでしょうね。